女性の浮気のきっかけとは?女性の浮気のサインと対策を解説します。

探偵/興信所依頼の参考書
何が女性を浮気に走らせてしまうのでしょうか。
女性の浮気の理由と、どうすれば浮気を防げるのかについて考えます。
女性が浮気をするきっかけは?
男性が気づかない女性の浮気サイン
浮気というと男性がするイメージが強いですが、実際には女性も浮気をします。

ではなぜ浮気=男性のイメージが強いのか? これは男性の方が浮気がバレる割合が高いからでしょう。

つまり女性の浮気はバレにくいということ。

そんな女性の浮気を見抜くサインや、女性が浮気をするきっかけを調べてみました。

浮気のきっかけは不満から?
一般的に男性が浮気をするのは、そこに浮気相手になりそうな女性がいる時です。
つまり周辺の状況や恋人、奥さんとの関係などはまるで関係なく、自分の欲求や欲望に素直に浮気をします。

これに対して女性の浮気には必ず理由があります。
その理由の多くが、恋人や旦那さんへの不満と言われています。

「旦那が優しくしてくれない」「旦那の給料が少ない」「恋人が会ってくれない」「旦那の両親がうるさい」などなど。日常の生活で何かしらの不満が溜まり、浮気に走ります。

とはいえ、こういったストレスを浮気で解消しようというわけではないのが面倒なところ。そんな女性ならではの理論を知っておきましょう。

女性はストレスに弱い
一般的にストレスなどが原因で胃腸を壊すのは、男性の方が多い印象です。
そのため男性の方がプレッシャーやストレスに弱いと思われがちですが、実はこれは反対の理論。
ストレスには女性の方がはるかに弱いものです。女性はストレスに弱いので、常にストレスを吐き出します。

よく「女性はおしゃべり」といいますが、まさにその通りで、女性は溜まったストレスを誰かに吐き出すことでストレスを溜めないようにしています
ですから、女性の話は何かに関する不満や誰かに対する文句が多いのです。

「電車が止まってイラついた」「スーパーの店員の態度が悪かった」「友人の態度が男性に媚びていて見ているとイラつく」など、男性から見れば「そんな些細なことでいちいちイライラするなんて大変だな」と思うほど、細かな不満の話をします。

男性は基本的に自分の溜め込んでいるストレスの話をしません。
理由は簡単で、それを話したところで解決しないことを知っているからです。
ストレスに感じていることも、人に話しても解決しないから自分なりに消化するしかないと考えるのが男性で、結果ストレスを溜め込みすぎて病気をこじらせたりします。

女性は解決するとかしないとかの問題ではなく、溜め込みたくないものはすべて吐き出します。
だからおしゃべりが好きだったり、聞き上手な男性が好きだったり、突然ヒステリーを起こしたりしてストレスを発散します。

話がズレましたが、浮気をする女性もこの状態に陥っています。
自分の溜め込みそうなストレスを誰かに話して発散したい。
その時に旦那や恋人以外の男性と出会ってしまうと、つい話してしまう。
自分の話を聞いてくれる男性に惹かれる。
そして浮気をするという図式が多いようです。


どんなきっかけで男性と出会う?

では、どんなきっかけで浮気相手となる男性と出会うのでしょうか?

会社やサークル

恋人や旦那さんがいる女性でも、仕事をしている女性であれば、パートナー以外に異性と出会う機会も少なくありません。

特に同じチームでプロジェクトを進行させている男性などがいると、一気に距離が縮まります。 また、学生さんの場合はクラスメイトや同じサークルのメンバー、同じゼミの仲間など、男性と出会う機会はあるでしょう。

同窓会

では、専業主婦なら安心かというとそうでもありません。 よく聞くのが同窓会です。

同窓会には昔の友人が集まり、中には当時好きだった男性、交際していた男性、あこがれていた男性がいてもおかしくありません。
また、当時は何とも思っていなかったのに、大人になって再会したら素敵な男性になっていたなんてこともあるでしょう。
同窓会が浮気に発展しやすいのは、そもそも知り合いだからという距離感があります。

仕事などで知り合った男性の場合、その男性がどんな男性なのかを知るまでは、あまり距離は縮まりません。
しかし昔の同級生であれば、どんなイメージの男性かは分かっていますので、距離を詰めるのに時間がかかりません。

これが同窓会で焼け木杭に火が付きやすい理由になります。

SNS

さらに最近ではスマホを利用した出会いもあります。

出会い系サイトやマッチングアプリはもちろんですが、インスタグラムやツイッターなどのSNSで仲良くなったり、スマホゲームで仲良くなるケースも考えられます。

ジムや習い事

専業主婦やパート主婦にとっては夫以外の男性と接する機会というのは、ほとんどありません。
しかしそんななか、老若男女が通うスポーツジムなどは男性との出会いが多い場所のひとつです。

ヨガや料理教室など女性しか通わないイメージがあるかもしれませんが、そういった習い事の受講者の男性比率は増えてきているようです。

こう考えると、専業主婦で出会いが少ないから浮気の心配はないなどという理屈は通用しないことが分かるでしょう。


最大の対策は浮気のきっかけを与えないこと

女性の浮気は男性には見抜きにくいことが多いです。

そんな女性の浮気に関しては、「どう見抜くか」ではなく「どう防ぐか」を考えた方が現実的でしょう。


沢山話す

女性に浮気をさせないためには、女性にストレスを過度に与えないことがポイントです。
まだお子さんがいないのであれば職場のことを、お子さんがいるのであればお子さんのことを、じっくり話す機会をこまめに作ることが重要です。


毎晩食事の後に話ができる機会を作る、毎週末話をする機会を作る、これだけでも随分と奥さんや恋人のストレスを発散してあげられるでしょう。


アドバイスは控える

女性の不平や不満を聞くときのポイントは意見をしないこと、解決策を提示しないことが重要です。
女性はその問題を解決したいのではなく、単に吐き出したいだけですので、とにかく聞くことに徹しましょう。


不満を聞き出して直す

上記を踏まえたうえで、女性から今現在、自分への不満がないかどうかを聞き出しておきましょう。

聞き出したあとは必ず、改善策を実行してください。
男性が常日頃、一生懸命取り組む姿をみると、女性は安心します。

こうして女性のストレスを少しでも発散できるようになれば、女性の浮気を防げる可能性は高くなります。

ちなみに単純に欲望から浮気をするタイプの女性は、いわゆる浮気性ということになります。

これは男女関係なく、相手がどれだけ気を付けても、気を遣ってもナチュラルに浮気を繰り返しますので、あまり長く付き合うことはオススメしません。

そんな女性と結婚をしてしまい、離婚を考えているのであれば、探偵などに依頼して浮気の証拠を入手し、しっかりと貰えるものは貰って別れることをオススメしておきます



浮気に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器運営元情報
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.