不倫をした時に支払う代償に関して具体的に考えてみました。

探偵/興信所依頼の参考書
立場別や、浮気相手からみた代償も考えてみました!
今後は浮気相手がいっしょだから大丈夫、なんて皮算用をしていませんか? 果たして本当でしょうか。バレなければ問題はない? 現実をよく見つめてみましょう。何があなたに残るのでしょうか。
不倫して失うものとは?人生を変えてしまう浮気の代償

「口説けそうな女性がいたから」
「彼氏があまりかまってくれなくて寂しかったから」

文字で表現すると、不倫の理由なんてこんな程度のものでしょう。
しかしそんな気軽な不倫によって、あなたの人生は大きく変わってしまうかもしれません。
家庭を失くし、仕事を失くし、友人を失くして一人ぼっちになってしまうかもしれません。


そんな不倫の代償に関して具体的に考えてみましょう。


あなたが既婚者なら

不倫の関係において、より大きな代償を覚悟しなければいけないのは既婚者でしょう。これは男女共通の認識です。


まず不倫がパートナーにバレた場合、離婚ということが考えられます。しかも離婚の原因はあなたの不倫ですから、あなたに有利な条件で離婚をできることはありません。

あなたが不倫していたとなれば、当然あなた、そして不倫相手も慰謝料を支払う形になります。


離婚をしてもその不倫相手と一緒になれば…などと考える人もいるかもしれませんが、それは非常に淡い希望であると言わざるを得ません。
不倫相手にしてみれば、既婚者である交際相手がうまく隠してくれればこんなことにならなかったのに…という考えも浮かぶでしょう。

不倫相手の立場で考えてみましょう。交際相手のミスによって不倫関係がバレて公になってしまったら、2人の離婚話に巻き込まれ、交際相手のパートナー及びその親族からは忌み嫌われ、場合によっては友人や知人からも白い目で見られてしまうかもしれません。


果たしてそんな思いをさせた交際相手と、その後仲良く暮らすことができるでしょうか? 最悪のケースでは、慰謝料の請求をされるかもしれないわけで、この離婚話により百年の恋が冷めてしまう可能性は非常に高いでしょう。


結婚していたパートナーに捨てられ、交際していた不倫相手にも捨てられてしまえばあなたは一人ぼっちになってしまいます。不倫の代償はそれほど大きくなる可能性を秘めています。


あなたが社会人であれば

あなたが既婚者でありながら他の異性と交際していたり、あなたは未婚でも交際相手が既婚者であった場合、あなたは不倫の恋をしているということになります。


仮にその相手が同じ会社の同僚であった場合どのような代償が考えられるでしょうか?
まず、最低でも上司から厳しく叱責されることは間違いありません。


同じ社内でこうした風紀を乱す行動は、やはり歓迎されることはなく、もちろん注意が必要な対象です。

さらに考えれば、あなたは世間の常識、及びルールを守れない人物という評価を下されるかもしれません。そうなれば当然上司からの評価は下がり、出世にも影響しかねません。


その企業が堅い職場であったり大きな企業であれば、社内不倫を理由に左遷や降格人事、さらに解雇になる可能性もあります。


こうした重い処分がなかったとしても、社内に不倫関係がバレれば当然周囲の同僚からの風当たりは強くなり、職場での友人が減ってしまうことは十分に考えられます。社会人である場合、最低限道徳的な言動を取ることが求められますが、不倫はそれに反する行為です。

仕事がしにくくなったり、給料に影響が出たり、出世が遅れたり、クビになったり。それまで同様に仕事を続けることは難しくなるかもしれません。


さらに考えられる代償

離婚に慰謝料、左遷や解雇などでもかなり大きな代償ですが、そこまでいかなくとも代償を支払う可能性があります。
まずあなたが既婚者でお子さんがいる場合。


お子さんとの距離が生まれるのは間違いありません。離婚ということになれば、たとえあなたが女性でも親権を取るのは状況的に難しくなります。さらにいえば離婚後、お子さんとの面会権に関しても強気な要求はできず、最悪の場合お子さんとの面会すらできなくなるかもしれません。


不倫をしたことがバレてしまった場合、友人関係にも影響を及ぼす可能性があります。


不倫をして、それがバレて離婚問題になったり、慰謝料を支払ったりすると、それまで仲の良かった友人からの信頼が地に落ちる可能性があります。
同じく職場の同僚からも距離を置かれる可能性が高く、これまで通りの生活を送るのは難しいでしょう。


不倫がバレなくても

非常に代償が大きい不倫の恋ですが、そもそもバレなければこのような問題には至らないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしそれも安心できるほどの話ではありません。
あなたが既婚者で不倫の恋をしているとしましょう。


その不倫相手が「奥さんと別れてくれないなら2人の関係をバラす」と言い出したらどうでしょう? 奥さんと別れるわけにもいかず、不倫相手をなだめる方法もなくなった場合、打つ手立てがありません。

奥さんと別れるという要求も難しい要求ですが、人によっては金銭を要求してくる可能性もあります。奥さんにバレるわけにいかないのであれば、あなたはその要求を呑むしかありません。


離婚後の生活にも影響が

もしあなたが既婚者で、あなたの不倫が原因で離婚となった場合、その後の生活にも大きな影響が考えられます。

まずは離婚協議による金銭的な影響です。

あなたの不倫が原因での離婚ということになると、まずは慰謝料を支払わなければいけないかもしれません。
慰謝料の金額はその方の収入や、不倫の悪質度などで大きく変わってきます。
一般的に慰謝料は100万~300万円といわれています。

さらに、お子さんがいて親権が取れなかった場合、毎月の養育費が必要です。
これは一般的にお子さんが20歳になるまで(または大学卒業まで)継続する支出となり、離婚後の生活に大きな影響を及ぼします。


不倫が原因で離婚した後、あなたが新たな恋をしたとしましょう。

そして再婚の話が出た場合、以前あなたの不倫が原因で離婚をしているという経験が大きなマイナスとなる可能性があります。

もちろん恋愛している当人同士はそこまで気にしないかもしれませんが、相手の親族、特に親御さんからすれば不安なもの。再婚話がうまくまとまらない可能性も考えられます。


不倫の代償は想像以上

「恋は盲目」などとはよく言ったものですが、不倫の恋も同様といえるでしょう。


比較的気軽なきっかけで始まり、その後は欲望の赴くままに関係を続ける人が多いようです。しかしその代償として支払うものは、金銭的にも精神的にも大きなものです。
まず既婚者の場合は慰謝料、離婚という問題が発生します。ちなみに慰謝料は例え離婚をしなくても支払わなくてはいけなくなる可能性がありますのでご注意ください。


離婚となると、家族を失うのはもちろん、住む家を失う可能性もあり、さらにはパートナーの親族からは恨まれ続けることとなります。


そしてお子さんがいる場合は、最愛のお子さんに二度と会えない可能性があることも大きな代償の一つといえるでしょう。
仮にあなたが未婚で、交際相手が既婚者だった場合、離婚問題には直面しません。しかし、当然ながら慰謝料を請求される立場であることは変わりませんので、金銭的な代償は考えておかなければいけません。


そして未婚者の場合、最大の問題となるのは職場での評判でしょう。


不倫が原因で、交際相手が離婚問題に直面しているとなれば、その噂は職場にも及ぶ可能性があります。職場での評判は、そのまま職場における評価に直結することが多々あります。
上でも少し触れましたが、不倫の恋をするということは、違法行為ではないものの道徳的には褒められた行為ではありません。
一般的に知られるルールを守れないということは、仕事上の評価を落とすことにもなりかねません。あなたの不倫が原因で職場の雰囲気が悪くなるのであれば、異動、左遷といった処分まで考えられます。



職場以外でも友人との人間関係が悪くなる可能性も。

一般的に不倫の恋を忌み嫌う人は多く、そういった友人からは距離を置かれるかもしれません。


そして最後に考えられるのが、不倫相手との間柄です。自分たちの恋が原因で、大きな代償を支払うこととなった場合、それでもその恋愛関係を続けていこうと考える人は多くありません。



結婚相手とは離婚し、子供にも逢えなくなり、不倫相手とも別れることになる。住む家はなくなり、職場では左遷され、慰謝料を支払い、毎月養育費を請求される。周囲に誰もいなくなり、金銭的にも苦しい生活を送る可能性があるのが、不倫の行く末となることは少なくありません。


今、不倫をしている方、考えている方は、こうした現実を把握してから決断してください。

浮気に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器運営元情報
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.